家庭用の脱毛器について

家庭用の脱毛器で脱毛する

家庭用,脱毛器

 

家庭用の脱毛器には、フラッシュ型とヒ―ディング型とレーザー型があります。フラッシュ型は毛根と肌を判別して脱毛していき、日本では一般的な脱毛方法です。肌に優しく、日本人の毛質にも1番合っているものです。

 

ヒ―ディング型は毛根を根元から焼き、除去する方法で、綺麗な仕上がりでスピードが速いのがメリットです。産毛等の毛を除去したい人にお勧めです。

 

レーザー型は毛根から除去する方法で、クリニックでも使用されているので効果は高いです。エステ店と家庭用機器との差は、好きな時間に脱毛が出来て料金は機種代だけで済み、自宅で一人で出来る所です。

 

基本的な部位であれば家庭用の脱毛器で十分ケアする事が出来るので、お金をなるべくかけたくない人にはお勧めです。お勧めの商品としてはレイボーテ・グランデがあり、光フラッシュ型で家庭用とは思えない程の高性能です。

 

全身750回の脱毛ケアが可能で、複数人でシェア出来るようになっています。

 

また、レイボーテ スピーディは光型脱毛器で、高性能フラッシュで全身の脱毛を10分以内に終わらせる事が出来ます。前作よりも2万円も安く出来ていて、紫外線波長をカットしているので安全に使用する事が出来るのも良い点です。

エステの脱毛機器と家庭用機器の違い

家庭用,脱毛器

 

脱毛サロンでの機器を使用するのがお勧めの人は、部分脱毛を考えている人です。脇だけやVライン等の小さいパーツだけであれば、ランチ1回分程の価格で脱毛出来ます。飽き性の人は、家庭で自分で行うと長く続かないのでサロンで行う方が良いです。

 

また、背中やIOゾーン等自分で行うのが難しい部位は、プロに任せる方が安心で確実に出来ます。

 

家庭用脱毛器がお勧めの人は、低価格で幅広い脱毛をしたい人です。回数制限もなく、財布に優しい値段で出来ます。デリケートゾーン等を行いたい人で、恥ずかしいと思う人にはお勧めです。自分が好きなタイミングで脱毛が行えて、自由に出来るので人に見られる心配がないです。

 

近くに脱毛エステがない場合、遠くまで通う時間とお金をかけずに済みます。家族等で複数で使用する場合は、男性のひげを剃るのにも使えるので便利です。自分では手が届かない所は施術をやり合う事が出来て、1人で行うよりは便利に使用出来ます。

 

脱毛エステは自己処理では難しい直ぐに伸びてくるムダ毛をこまめに処理出来るので、自宅用脱毛器で行うより簡単に悩みを解消出来ます。家庭用機器は、エステ並みのものも販売されているので、それなら自宅でエステ並みの脱毛が行えます。

脱毛器のケノンで脱毛する

家庭用,脱毛器

 

脱毛器のケノンは日本ノーカーによる日本製で、自宅にいながらエステサロンの施術を受けたようになれます。商品には専用のゴーグルも付いているので、問題なく快適に使用出来ます。

 

据置型の場合は、照射する部分のハントピースと本体が別になっているタイプで、照射パワーが異なります。日本製のため日本人に向けて作っているので、痛みが感じにくいです。海外製を日本人が使用すると、色素が濃いので痛みを感じてしまいます。

 

ほとんどの方がケノンを使用しても、痛みを感じていないようです。ケノンは、ケノン専用のコンデンサが4個内臓していて超パワフルなので、楽天ランキングで253週1位を連続で獲得しています。また、ケノンには3大機能が付いていて、残りの照射回数が表示されるので自分で数えなくても大丈夫なのです。

 

連射機能もあるので、自分に合った連射回数が3と6から選べます。他種のカートリッジを使えば、部位やムダ毛の量によって効果的に照射が出来るようになっています。また友達とシェアする事も可能で、1人1人の状態に合わせて脱毛が出来ます。

 

このため、ケノンは太い毛でも薄い毛等どんな毛でも対応できます。

ディオーネ(Dione)銀座数寄屋橋店の詳細!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでディオーネ(Dione)の詳細をチェックしてみてください。